「御心が分からないと悩むあなたに」

「御心が分からないと悩むあなたへ(3) ~御心って保険じゃないし、安心でも安全でもないよね」

 〈マナケンのコメント〉
昨日の投稿には、マナケンこと真鍋献一先生からのコメントが。それが、あまりに秀逸なので、以下にご紹介。コメントの前半部分を転載します。 何らかの重要な決断の際に御心を求める。その行為の裏側には、「不安なので失敗したくない=神の御心なら上手くいくだろう」という思いが潜んでいるのかもしれません。
・失敗をすら共に歩んで下さる神 
・神の願う道は十字架に至る苦難を経験する道 
といった聖書の提示する道は消えてしまっているかもしれません。

〈御心保険〉
 御心を求めるのは、真摯な信仰姿勢。でも、無意識に失敗を恐れて、御心という保険に入ろうとの思いが隠れているというのです。これは当たっていると思います。テレビCM風に言えば、「クリスチャン皆さんへ、重大な決断の時こそ、不安なあなたに御心保険」ということ。「この保険に入っておけば、あなたの決断と実行は失敗しない」というわけ。
 失敗を過剰に恐れる現代人、特に、失敗した自分を受け入れられない今どきのメンタルの持ち主には、「御心保険」は必須なのでしょう。そのように御心を求めるという行為が実は、「御心保険への加入」を願っているという場合もあるのでは?

〈保険加入は必要か?〉
 では、この御心保険、加入の必要があるのでしょうか?もっと、確実で安心な保険契約を既にクリスチャンは結んでいるのでは?それは失敗した者を見捨てず、共に歩んでくださるという保険契約。それは、「安心して失敗できる保険」。自分が加入しているって知ってました?
 思い返せば、旧約時代の契約からしてそうでした。アブラハムは不信仰からの勇み足。シングルマザーとその息子を追い出すという「下衆の極み」。それでも、神様は契約破棄をせず、約束を果たし御心を成し遂げられました。モーセなんか、御心そっちのけの正義感から大失敗。「殺人および遺体遺棄で指名手配」です。御心を無視した殺人犯とさえ、神様は共に歩んでくださいました。
 失敗を免れないお互いですが、大抵は、アブラハムほど「下衆」じゃないし、モーセほど「凶悪」でもないでしょう。だとしたら、間違いなく神様は失敗した私たちと共に歩んでくださるでしょう。(だからと言って、自分のしたいようにしていいわけではありませんよ)。
 というわけで、クリスチャンは「安心して失敗できる保険」に加入済みであることを、契約書(聖書)を読んでご確認を。その上で、御心を考えてみては?

〈御心に従うのは、時に苦難の道〉
 では、御心保険に加入したから安心で安全かと言えば、そうでもないようです。例えば、創世記ヨセフのヨセフは、御心保険加入者でした。彼は、先に夢で将来の自分を啓示されており、御心の確信がありました。しかし、夢の実現までのプロセスは、兄に殺されかけ、人身売買をされ、性犯罪の冤罪で投獄され、施した恩を忘れられ絶望と、20年程散々です。神様と共に歩んでいてこれなのです。
 そこで、自問していただきたいのです。あなたがヨセフで先に御心の確信があったら、ヨセフの同様の道を歩む決断ができるでしょうか? その道の途中については、安心でも安全でもないとわかっていたら、どうでしょう?

〈牧師という事例〉
 牧師の中には、「自分は神様に嵌められた」と語る方も。これは不敬虔なようで、敬虔な発言だと思うのです。最初から牧師になるとの御心は示されず、一歩一歩導きに従い、御心を祈り求めて行ったら、牧師になっていたというパターンです。どこに行くか教えてもらえずに信頼してついて行ったら、行きたくないところへ到着したわけです。
 牧師ほど、コスパの悪い職業も珍しいでしょう。恐るべき「高ストレス・低収入」です。もっと、悲惨なのは牧師夫人で、「高ストレスで無収入!」しかも、「夫の召しの巻き沿い」であることも。御心が先に分かってしまったら、御心に従えなくなることもあるというのが、私たちの正直な現実でしょう。
 ヘンリー・ナウエンは、著書の中で、イエス様がペテロについて「若い時は、自分の望むところを歩いたが、年をとると望まないところへ連れて行かれる」と予告したことから、クリスチャンの成熟を示しています。自分の行きたいところへ行くのは未熟なクリスチャンで、神様によって行きたくないところに連れていかれるのが、成熟したクリスチャンです。
 御心が先に分かったからと言って、安心でも安全でもないし、かえって、御心に歩めなくなる場合もあるわけです。そう考えると「御心保険加入」より大切なのは、「不本意な御心にも従える自分」ではないでしょうか?

〈まとめ〉
    今回は真鍋先生のコメントを受けて「御心保険」を考えました。御心は保険ではないし、加入したところで安心でも安全でもないのです。ですから、「安心して失敗できる保険」に加入済みであることを確認して、「御心保険」加入の必要性については、ぜひご検討を。

   というわけで、御心が分からないと悩む皆様には、保険加入目的でなく、御心を祈り求めることをお勧めします。